背中すっきり

「重曹」で背中がすっきり綺麗に!

知ってましたか?

重曹」で背中にきびもすっきり、背中が綺麗になるって。
これは、「重曹」のもつ素敵な効能のひとつです。
↓   ↓
「重曹」を「入浴剤」として使う、ということなんです。
「重曹」は食用と掃除用がありますので、食用を使います。
どちらでもいいのですが、食用の方が安心ですね。
一般的な浴槽ですと、200リットル位のお湯が入ります。
そこに、大さじ2~3程度の重曹を入れるだけ。
簡単に「重曹」入りのお風呂に入れるのです。
重曹はアルカリ性なので、あまり入れすぎないように
注意します。
入れすぎると肌荒れを起こすこともありますから。
さらに、重曹を入れると、浴槽そのものも綺麗になります
し、排水管まで綺麗になります。
↓   ↓
では、どんな効果があるか、というと・・・・、
 背中ニキビがすっきり。

   皮膚の老廃物とか脂質を乳化して洗い流すので、

   毛穴に詰まった汚れも洗い流してくれます。
② 体臭予防

   重曹はアルカリ性なので、臭いのもとの酸を中和して
   くれるのです。
③ 冷え性にも効果

   温熱効果があるので、しっかり体を温めてくれます。
④ 肌を柔らかく

   かかとなどの硬くなったところにも効果的。
ただし注意点がひとつあります。
肌が乾燥しやすくなるそうなので、シャワーでしっかり

洗い流すことを忘れないでください。



気になる人は、お風呂から出たあと、
しっかり保湿しておくといいでしょう。
お肌に合わない場合もありますから、(特に乾燥肌の人の
場合)最初jは慎重に試してみてくださいね。
それにしても、「重曹」というのは凄いです。
重曹は「炭酸水素ナトリウム」の白い粉で、
「炭酸水素ナトリウム」というのは次のような性質があります。
◎ 弱アルカリ性である・・・・・酸を中和しますが、弱アルカリ
   なので、それほど肌を刺激しません。
◎ 油を分解する・・・・・上で述べたように肌の脂質も分解して
   石けんのような性質を発揮します。
◎ 粒子が適度に固い・・・・・掃除では研磨剤として使われます。
◎ 加熱すると二酸化炭素を出す・・・・料理では「ふくらし粉」と
   して使われますが、それは二酸化炭素を出すからなのです。
* 「重曹水」でうがいをすると、食べかすなどで酸化した口内を
 
  中和するので、口臭、虫歯の防止にもなるそうです。
  (「重曹水」は、コップ1杯の水に小さじ半分ほどの重曹を
   混ぜて作ります)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背中の女王~村上メソッド~

NHKの「あさイチ」で紹介されていた”背中の女王”

今年、初めての「きれいな背中コンテスト」の優勝者、村上

さんが普段からしている運動のひとつが『ハイヒールで歩く』

村上さんの背中は、ウエストがキュッと締まって女性らしい

美しさに溢れています。

ハイヒールで、膝を伸ばしてしっかり歩くのは確かにいいそう

ですよ。

背中といえば、広背筋。

窓拭きのぞうきんがけが効果的だそうです。

両肘を深く引き5秒間静止、という運動も効果があるそうです。

背中エクササイズも今、人気だそうですが、背中にイチオシの

ポーズは『ミロのビーナス』のポーズ!

右足を後ろにクロスさせ、右手の厚が左のお尻のあたり、

左腕を上にあげてそのまま手の平を首の後ろに。

目線は右斜めうしろ。で30秒キープします。

また、アイソメトリックで広背筋を鍛えるには、座って両手を

前に出して机を下の方に押すイメージで20秒静止。

座ったままでイスを持ち上げるイメージで静止。

これもいいそうです。

さらに、背中の”背あぶら”

正しいサイズのブラジャーをつけると背中のシルエットが

きれいになるそうです。

サイズを測るときに、鏡に対して横向きになりメジャーを

水平にして測ると正しいサイズがわかるそうです。

8センチもサイズが大きくなった人もいるようですので、

測り直してみましょう!

小さすぎるブラジャーが背あぶらの原因ですから。

さあ、美しい背中を目指して、今日から始めましょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニキビの季節

夏のお肌は今、疲れがいっぱい。

お肌はつかれると新陳代謝が悪くなります。

ニキビや吹き出物に注意しましょう。

背中や胸のあたり、ブツブツができていませんか?

汗をしっかり流したあとで、水分をふき取ってから、

お肌のお手入れを忘れずに!

ボディローションを使ってもよし、クリームでもよし。

お肌にあったものなら、なんでもOKです。

ベタつかない程度に使って、お肌を保護してあげましょう!

汗をかいて、そのままにはしないように注意しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっとの時間で・・

意識するかしないかで、ダイエットは違ってきます。

少しの時間の合間を使って、手軽にできることを

しましょう。

両手を前で組んで、そのまま頭の上に伸ばします。

それだけで、背中が緊張するのがわかります。

次に、後ろで両手を組んで、そのままぐっと伸ばします。

肩甲骨で背中を左右から締め付ける感じ。

これを繰り返します。

放置されがちな、背中の筋肉を刺激してあげてください。

これだけでも、続けていれば違ってきます。

あとは、お風呂でブラッシング。

すべすべの背中を作りましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ダイエットと‘夏バテ’

暑くなってきました。

ダイエットも大切ですが、栄養はきちんと取りましょう。

飲み物は、「水」。

甘みの多いジュース類は避けましょう。

水は充分に摂り、特に運動をするときは、ペットボトル

を身近においておきましょう。

夏は疲れが溜まりやすい季節です。

お風呂でゆっくりマッサージをするなど、ケアに

時間をとるようにしましょう。

疲れを残さずに元気に夏を乗り切ることが

上手な体の管理にもなり、管理できることが

そのままダイエットにも通じるのです。

運動とケア、この二つをしっかり続けましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

体の新陳代謝

背中を流れる汗、感じませんか?

ツツーと流れ落ちる感じ、ありますよね。

でも、汗をかくのは大事なことです。

体内の不純物を出して、すっきりしましょう。

この時期は水泳がいいんですよ。

全身運動ですから、バランスよく痩せるには一番です。

プールでウォーキングだけでも、いい運動になります。

背中ばかりでなく、気になるお腹も一緒にシェイプできたら

いいですよね。

しっかり汗をかいて、夏美人になりましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (1)

背中はブラシで・・

バスタイムのお話です。

背中をどうやって洗いますか?

ほんとうは、「あらいっこ」

友達と旅行に行ったときや、家族で一緒にお風呂に

入るとき、互いに背中を洗います。

これが一番いいのですが、ふだんはひとりで入浴。

そういうときは背中用のブラシを使いましょう。

背中に適度の刺激を与え、お肌をきれいにして

くれます。

ただし、いきなりゴシゴシしないでくださいね。

丁寧にしっかり洗う、というつもりで。

ほったらかしになりがちな背中を喜ばせてあげて

くださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

背中のニキビ

背中のニキビというのか、赤いポツポツが

気になります。

髪のトリートメントが背中に当たるのがいけない、

とも言いますね。

あと、きちんと洗えてない、とか。皮脂を落とす系の

洗顔石鹸を使うといい、と言う人もいます。

基本は一度皮膚科に相談することでしょう。

自己流であれこれ試すのは、逆効果になることも

ありますから。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

気になる背中

最近「メタボ」が話題になります。お腹周りも

もちろん気になりますが、背中が、見えないだけ

にもっと気になります。

特に贅肉。どうすればすっきりするのでしょう。

簡単な運動としては、よくいわれますが、こんな

運動。

  ↓

両手を後ろで伸ばして組みます。

手を伸ばしたまま上にあげていきます。

だいたい50度くらいの角度でしょうか。

限界と思ったところで10秒静止。

これを10回繰り返し。

基本は腕を上げるときは、息を吐き、

下ろすときは、息を吸う。

肩甲骨で肉を潰す感じでするといい

ようですよ。

これに限らず、いろんな雑誌にエクササイズ

が載っています。試しながら効果のあるもの

を紹介しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)